ちびまなちゃん日記

ちびまなちゃん日記。

のんびりマイペースに日常を綴っていきます。

群馬の育ちのわたしが「お前はまだグンマを知らない」を見た感想!(ネタバレあり!)

【スポンサーリンク】

こんにちは!
群馬育ちのちびまなちゃんです。

お前はまだグンマを知らない」のドラマが始まったので感想等々を書いていきます。

ちなみに、原作はまだ読んでいません。

お前はまだグンマを知らない

高校生・神月紀はチバ県からグンマ県に引っ越すこととなった。しかし先に当地へ引っ越していた幼馴染からは「グンマから生きて帰ったものはいない」と警告を受け、さらにネットで調べてみるとネガティブな情報ばかりが入ってくる。やがて真中高校に編入した神月は郷土愛に溢れる生徒からグンマゆえの様々な文化・風習を教えられカルチャーショックを受ける一方、トチギ県やイバラキ県との地域間抗争に巻き込まれていく。

引用元:お前はまだグンマを知らない - Wikipedia

お前はまだグンマを知らない」は、群馬県高崎市在住の漫画家・井田ヒロトさんが、自身が高崎市に引っ越してきたときの体験を元に描いた漫画です。

3月6日(月)24時59分~日本テレビにて、ドラマ放送がスタートしました。

先日放送された第1話では、主人公・神月 紀(かみつき のり)くんが千葉から群馬に転校してきた初日の様子が描かれていました。

感想!

群馬県民ならば、見ておくべき」と聞いて、使命感から1話を視聴してみたのですが、非常に面白かった!

群馬あるある超満載!それをコミカルに描いています。

コミカルが故に、ちょっと言いすぎている部分もあるのですが(食べたら死ぬとかね)、どこが言い過ぎているものかは分かるようなにはなっていたかと思います。

そして、たった30分間の中に、群馬の知識がたっぷり!

22年間も群馬県で過ごしてきたわたしでさえ「わたしはまだグンマを知らなかった」と思ったほど。

群馬出身の就活生は見ておいた方が良いかと思います。

就活時代に「地元のアピールをしてください」とPRの練習をしたことがあったのですが、何が魅力なのか、何が特徴なのかがさっぱり分からず、うまく話せなかった記憶があります。

このドラマ見ておくだけで、語れる群馬ネタが増えそうな気がします。

他県の人がどんな風に感じるのかが気になるところですが、群馬県で青春時代を過ごした人にはおすすめです!

作中に出てきたグンマあるある(ネタバレあり!)

最初から最後までグンマあるあるが満載でした。

ちょっと抜けている部分もあるかもしれませせんが、第1話に出てきたグンマあるあるを体験談を交えてお話ししていきます。

※ネタバレあり!

からっ風

冒頭から、からっ風が強すぎて自転車が進まない!というシーン。

からっ風とは、冬になると吹く群馬特有の北風のことです。

群馬では、冬になると、鋭くて肌に突き刺さるような風がビュービュー(というよりゴォーゴォー)吹いてきます。

東京でも風が強いことがよくありますが、またちょっと風の質が違うんです。
東京の風は、ふんわりとしたそよ風に近いあたたかさを感じます。

音で表すと、

東京の風・・・・ふわっふわっふわ~~っ!!!

群馬の風・・・・ビューーー!ゴォォォォ!!!!

こんな感じ。

ちなみに、群馬の夏は風が吹かないので、蒸し風呂状態です(笑)

起立!注目!礼!着席!

授業開始のあいさつで、1人先に礼をしてしまう神月くん(笑)

他県の学校では「起立、礼、着席」らしいです。

群馬では「起立、注目、礼、着席」と言います。

ひらがなに直すと「きりつ!ちゅーもーく!れい!・・・ちゃくせき!」ですね。

「ちゅーもーく」しないで、礼できるものなのか?うーん。。。

グンマ女子は太ももが太い?

落ちた消しゴムを拾おうとしたところ、群馬女子の太ももの太さに驚く、むっつりドスケベ変態野郎の神月くん。

たしかに足の太いチャリっ子いたけど、どうなんでしょう。

自転車の影響もあるのかもしれませんが、徒歩通学だったわたしには分かりません。

総理大臣が多い

群馬では、これまでに4人の総理大臣を輩出しています。

小渕恵三:吾妻郡中之条町
中曽根康弘高崎市
福田赳夫高崎市(旧群馬郡群馬町
福田康夫高崎市(旧群馬郡群馬町
引用元:
群馬県出身の人物一覧 - Wikipedia

調べてみると、高崎市すごいっ(笑)

学力の低いと馬鹿にされがちな群馬にとっては、ちょっとした自慢です。

海なし県なのに・・・

群馬県は、海なし県ですが

・ネギトロの発祥は群馬
・「うみ」の作曲者は群馬

らしいです。

これは初めて知りました。

水沢うどんは日本一

水沢うどんは日本一」と書かれた張り紙がありました。

水沢うどんは、日本三大うどんの1つ。
群馬県渋川市に行くと、本場の水沢うどんが食べられます。
非常にコシのあるうどんで、一度食べたらしばらくほかのうどんは食べられないほどです。

ほかにも「日本のキャベツ工場」とか、群馬にまつわる張り紙がところどころに貼られていました。

焼きまんじゅう

「グンマー以外のものが焼きまんじゅうを食べると死に至る」と作中で言っていました。

いや、死にません!

焼きまんじゅうとは、群馬のソウルフード
おまんじゅうに、甘くて濃厚な味噌だれをつけて焼いたものを串に刺して食べます。
おまんじゅうですが、あんこは入っていません。
(入っているものもありますが、入っていないのが普通です)

おやつに食べることが多いと思いますが、意外とボリュームがあるので、お昼ごはんになってしまうこともあります。

アカギ神社

群馬には「アカギ神社」と名付けられた神社が点在しているらしいです。

これも初めて知りました。

ちなみに漢字で書くと「赤城神社」です。赤城山にあります。

一度友達と初詣をしに行こうと思ったことがありますが、大雪のため車がストップしてしまい、泣く泣く下山したことがあります。
冬場に行かれる方は、チェーンを詰んで行ってください!

上毛かるた

上毛かるたは、群馬の郷土かるたです。
小学校、中学校あたりで覚えて、年に1回、校内かるた大会が行われていました。
群馬県全体のかるた大会に参加していた友達もいました。

第1話では

・つる舞う形の群馬県
伊香保温泉 日本の名湯
・ねぎとこんにゃく 下仁田名産
・縁起だるまの少林山
・雷(らい)と空風 義理人情

が登場しました!

まとめ

たった30分間によくここまで詰め込んだなあと、今書きながら改めて思いました。

2話以降は、どんなあるあるが登場するのでしょうか。

楽しみですー!

ドラマくらいは見ておこうという気持ちでしたが、原作も映画も見たくなってしまいました。