ちびまなちゃん日記

ちびまなちゃん日記。

のんびりマイペースに日常を綴っていきます。

368ページノートの魅力と加工方法!

【スポンサーリンク】

こんにちは!

2017年の手帳は週間バーチカル式にしたちびまなちゃんです。

予定を書き込む手帳とは別に、日記を書ける手帳が欲しいと感じていたところ、巷で話題の「368ページノート」を知り、購入してみました。

368ページノートとは?

名前の通り、368ページあるB6サイズのノートです。販売しているのは、なんと!100円ショップのセリア。

108円で368ページって普通におトク過ぎますよね‼︎

1年間分の日記を書きためられることから、ほぼ日手帳にそっくり!」とか「幻のノート」とか、クリエイティブに日記を残していきたい女子たちの間で話題なんです。

しかも、なんと言ってもこのノートは108円!
ほぼ日手帳」が気になってるけど、毎日続けられるか分からないのに2000円も出すなんて…。という私みたいな人にオススメです。

368ページノートの大きな問題点。

しかし、この368ページノートには、大きな大きな問題点があるのです…。

それは、ノートが180度開かないこと!!!

180度どころか、手で押さえないと開くことができません。手を離すとパタン…と閉まってしまいます。

体重かけて頑張ったとしても、真ん中あたりを使うのは、かなりしんどいことが予想されます。

これじゃあ、絶対に続かないよ…どうにかせねば!!!

というわけで、グーグル先生に尋ねながらノートを観察していると色々と分かってきました。

ノートが180度開かない原因。

まず、このノートが180度開かない原因は、背表紙にあります。

背表紙とノートの紙を貼り付けている糊がガッチガチに固いがために、開きにくくなっているんです。

ならば、

背表紙なんてとってしまえばいいのだ!

というわけで、やってみました。

背表紙をとってみた!

▼参考サイト

他のやり方もあるようですが、わたしはこちらのサイトを参考に、カッターを使う方法で試してみました。

用意するものは、カッター、気合、3cmのマスキングテープ。

カッターを使って、こんな感じでガシガシと削っていきます。

クラフト紙のクズと粉がかなり出てくるので、散らかしても良い場所で作業した方がいいです。

あと、かなり持ちにくいのでケガに注意しましょう。

クラフト紙を削っていると、白い部分が見えてきました。

これがガッチガチに固まっている糊です。
糊というか頑丈な粘土に近いです。とにかく頑丈に出来ちゃってます。

この先、戦えるのか疑問に思いますが、ここであらかじめ用意した「気合」を使っていきます。

見えにくい写真になってしまいましたが、背表紙が真っ白になりました。

クラフト紙の部分削っただけでは、まだ糊がガッチガチなので、綴じてあるノートが見えちゃうくらいまで削っていくのがポイントです。

ここまで開くようになりました!

これで問題なく書けそうです。

糊の部分がなるべく均等になるように軽く整えて、終了!

作業した部分が露わのままではみっともないので、マスキングテープで背表紙をつけていきます。

マスキングテープは、3cm以上横幅のあるものがおすすめです。

だいぶずれてしまいましたが、こんな感じになりました。

わたしは白のマスキングテープを使ったからか、1回貼っただけでは糊の部分が透け透けになってしまいました。

マスキングテープを3回くらい貼って、完成!!!

私はかなり不器用なので、普通の人はもっと上手にできるかと思います。

368ページノートを使ってみた!

買ったその日から、早速はじめてみました。

まず始めに分かったのが、私にはデコレーション能力がゼロだということ…。全くクリエイティブなノートに出来ませんでした。

ツッコミどころ満載だけど、一応載せてみる…。

1日の流れを時間軸に表すことと、最後によかったことを書くことが私のこだわりです。
この日は気持ちをリセットする日だったので、読んだ本の感想や1日の感想を書きました。

B6サイズということもあり、書ける量が意外と少ないです。逆に言えば、自分がこんなに書けるとは予想外でした…。

なので、1日1ページにこだわる必要もない気がしてきました。

日記の他に、週1くらいで書くまとめのページや月間目標・振り返りを書くページも設けてみようと思います。

出来合いの日記帳もいいけど、こうやって自由に書ける日記帳もいいですね。