ちびまなちゃん日記

ちびまなちゃん日記。

のんびりマイペースに日常を綴っていきます。

【在宅ワーク】4ヶ月の感想。

【スポンサーリンク】

10月も半ばになって、私が在宅ワークを始めてから4ヶ月半に突入しました。ふつうのアルバイトなんかでも、「新人と名乗れるのは3ヶ月まで!」と考えているのですが、もう新人じゃなくなってしまったよ〜。早いなあ。

文字数が書くのがラクになった気がする…!

ライティングを始めたころは、1500字の案件と聞いて「うげっ!1500字も何書けばいいのよ(°_°)!」なんて思ったことが何回もあった私。

書けるだけ書いて、無理やり文章を足していっていたのです。まるで高校生の時の感想文のように、同じ内容を文言を変えて2回繰り返すという手法を使って、文字を足したものもあります。(クライアントさん、ごめんなさい…)

それが今では、1500字も普通に。

テーマにもよるんですけれども、少なくとも1000文字程度であれば意識しなくてもいきます。書けるものは、夢中になると2000字超えしてしまうので、逆に減らしてます。

そして、同じことを2回繰り返す手法を使わずに、規定文字数まで持っていけるようになりました。

文章のクオリティが上がった気がする

案件にもよるので断言できないところではあるのですが、全体的に、はじめた頃よりも文章のクオリティが格段に上がっています。

最初の頃に納品した原稿を見直すと、見るだけで寒気がするほど、酷いものがある。「こんなレベルのものを何時間かけて書いてたんだよ〜。今なら20分で同じもの書き上がるわ。そして、20分で推敲してもっといいもん書けるわww」と思うものもチラホラある。

最近は、語彙力の弱さを改善すべく、類似語辞典なんかも活用して、より的確な表現ができるように工夫しています。もっと、ストンと読者の中に入るような文章が書きたいですね。

いろんな知識が身についた!

ライティングをしていると、思いもよらぬテーマを依頼されることがあります。絶対に自分からは書かないようなジャンル。

もちろん、そういったジャンルって知識もほぼゼロ。名前だけは知っているけど、よくわからないから、情報収集に何時間もかけるときもあります。

そんなことを繰り返しているうちに、知識が身につきました。プライベートで、同じジャンルの話が出たときにも役立ったなあ。

専門分野がないならば作ればいいのだ…。

ライティングを始めた時に、困ったことが、専門分野がないこと。

一応、福祉・心理の勉強はしてきましたが、両方追いかけたが故に、どちらも中途半端で、しかも実務経験はありません。
社会に出てからは、逃げる癖がついてしまって、何にも長続きしていない。
オタクな趣味も卒業した今、いちばんの趣味は昼寝といっても過言ではない。

そんな中、ひょんな事から、とあるキュレーションサイトのライティングを任されることになり、今ではそこそこ自信の持てるネタになっています。

電子書籍の読み放題サービスで、格安で本を大量かつ簡単に読める時代。ネットでも大量の情報が落ちている時代。専門分野がないならば、今から勉強したって遅くはないはず…!

ちょっと躊躇したくなるジャンルもあるんですけど、いろんなジャンルを経験しながら、コレだ!と思ったものは、より突き進めていこうと思ってます。