ちびまなちゃん日記

ちびまなちゃん日記。

のんびりマイペースに日常を綴っていきます。

【在宅ワーク】新しい案件が鬼畜すぎた件。

【スポンサーリンク】

在宅ワークは3件ほど契約しながら回しているんですけれども、そのうちの1つ、9月から始めたキュレーションメディアの案件を早くも辞退しようかと悩んでいます10月いっぱいは、最低限の本数をこなしながら様子を見ようかなぁ。

 

契約したときの条件。

文字単価0.4円、1500字、画像あり。

あまり良い条件ではないのですが、似たようなテーマを文字単価0.3円でやっていたことがあって、お金はともかく楽しくお仕事出来たので、提案してみました。 

テーマとしては比較的描きやすそうだし、1時間800円程度になればなぁという思いだったんですよね。

 

画像選定数多すぎ。

画像選定あり、とのことでしたが、蓋を開けてみれば、最低画像数が20枚。

今までやってきたライティングは、画像3枚程度だったので、多くても7~8個だとタカをくくっていました。が、20枚…。私は画像選定がとても苦手です。

画像は、記事内容を補足するようなものではないといけないのは当たり前ですが、ほかにも条件がいくつかあるんですよね。かなり吟味してます…が、気をぬくとミスで、修正依頼が。

 

文字単価よりも、画像単価ください。

 

キーワード数がハンパない。

どの案件も同じだと思うけれども、ライティングをする際には、1記事につき、キーワードが大体2個程度あります。例えば、「在宅ワーク」「種類」という感じに。 

それをそれぞれ見出しに4つずつ、本文中には50個、30個入れてくださいとのこと。さらには、補足となるキーワードも他に5個くらい指定があり、それも本文中に盛り込まなくてはなりません。1500字の記事に、キーワードだけで約500字の計算。

 

私のスキル不足もかなりあると思いますが、ぶっちゃけ、そんなにキーワードだらけにしたら文章や内容が不自然になります。よって、キーワード数を満たすためだけに、新たに見出しを設けたり、文章を追記したりするしかない。

1500字の契約のはずが、どう頑張っても2000字オーバー。結果的に文字単価は0.2~0.3円で、それプラス画像たち。

 

作業時間目安がおかしい。

マニュアル等々によると、作業時間は最短20分らしいです。 テーマにもよるけれども、単純にキーワードをさほど気にせず1500字の文章を打つのであればググって書くだけであれば、20分でいける人もいるのではないでしょうか。

しかし、キーワードを盛り込む作業と画像選定とやらにかなり時間を取られてしまうので、私のペースでは今のところ2時間ちょっとが最高記録。

スキルがついても1時間はかかりそうです。少なくとも20分は明らかに無理ゲーです。

単価が低いため、普通の仕事と同じほど稼ぐには、1時間に2本は仕上げなくてはいけませんが、無理ゲーです。 ライターの副業としてならば、続けられるかもしれないです。

 

100本以上納品している人もいる。

不思議なのが、これだけの悪条件にもかかわらず、月150本近く納品している人がいることです。

この記事を1時間1本以上書くスキルがあるならば、ぶっちゃけどこへ行っても余裕であるはず。クラウドワークスには、もっとラクな案件はゴロゴロ転がっています。

その人たちは、なぜやっていられるのだろうか?もしや、社員…??

本当はすぐにでも辞退しようかと思うのですが、あまりの不思議さになかなか離れられなくなっている自分がいます。 

 

あまい言葉に騙されるな!

始めてから「あれ、こんなはずじゃなかった!」と思うばかりのこの案件。なんで提案したのだろうかと、もう一度募集要項を見てみました。

すると、「フォロー体制」だの「ボーナス」だの「昇格」だの上手い言葉がゴロゴロと。

ボーナスと昇格は一応事実のようですが、真偽は不明。フォローに関しては全く感じられなかったですね。質問の返信はコピペ文だったし、返信も遅かったし。

 

定着率が低いからこそ、上手い言葉で人を誘おうとしているのでしょうか。仕事の選び方のスキルを身に付けたいですね。