ちびまなちゃん日記

ちびまなちゃん日記。

のんびりマイペースに日常を綴っていきます。

テレビは無駄だと思ってたけど、有益だった。

【スポンサーリンク】

よく無駄な時間の使い方の一つに「テレビ」がありますよね。

テレビを見ないことで、家族団らんの時間が増える。勉強や仕事の時間が確保出来る。テレビがなくても生活には何ら支障がない、などなど。不要な時間の1つとして、真っ先に挙げられるような時間です。

テレビには、何のメリットもないかのような情報が巷では溢れ返っていますが、決して意味のないものではないと思います。

 

頭が良い私の彼を育てたのはテレビだった。

私には同棲中の彼がいます。家庭の事情で定時制高校に通っていたこともあり、学歴だけ見れば、どちらかといえば低い方です。しかし、彼はすごく頭がいいです。物知りで、自分が生まれる前のことも良く知っているし、理解力もあります。

 

そんな彼を育てたのは、まぁ母親なわけですが、知識量や理解力を養うもととなったのがテレビだったんです。

ちなみに彼がどのくらいテレビっ子かというと、「親友はテレビ」と自分でも認めるほど、とにかく1日中テレビの録画を見ています。

朝起きて、自分の準備を終えたら、録画を見る。仕事から帰ったら、ご飯や洗い物をしながらテレビを見ます。21時ごろから寝るまで、ひたすら録画を見る。

もちろん、休みの日には、家のことをやり終えたら、1日中テレビ。1人でゲラゲラ笑ったり、しゃべったり・・。「私とテレビどっちとる?」と聞いたら、間違いなくテレビでしょう。
 

テレビは情報の宝庫。

不要なものの一つとして取り上げられやすいテレビですが、情報の宝庫でもあります。
 
新しく出てきたアイドル、いま旬な役者たち、芸能人のスキャンダル情報もイチ早くゲットできるので、その手の会話に困ることがありません。
 
街をおさんぽする番組を見れば、行ったことのない場所、今後もきっと行くことがないであろう街の情報を、家にいながら知ることが出来る。引きこもり体質の彼の方が、いろんな地域の情報を知っているんですよね。
 
クイズ番組を見れば、ふだん自分から触れることはないような様々なジャンルの知識が増やせる。学校のお勉強の一環としても有効な番組も多く、大卒の私よりも無資格の彼の方が、国語・社会のレベルは高いです。
 
もちろん、本を読むことで得られる情報も多々あるけれど、実際の動いている光景を見ながら学んだ方が頭に残りやすいです。 
 

倍速で脳を鍛える。

彼はテレビが大好きですが、ほとんどは録画をしてみています。自分の余暇に使える時間以上の録画を溜めているので、CMはすっ飛ばして、倍速で見るしかないんですよね。
 
長年、倍速でテレビを見ていた彼は、速いスピードでも、確実に情報を聞き取れるようなっています。早口の人との会話はもちろん、仕事のイレギュラーでも、落ち着いて相手の情報を聞き出すことが出来ます。
 

テレビの時間を削ってきた自分を後悔。

テレビなんか無駄だ!と思って生きていた私は、ほとんどテレビ見てきませんでした。だから、有名人の情報はもちろん世間の最新情報にも疎かった。
 
最近は彼と一緒に暮らすようになり、テレビを見る時間が圧倒的に増えました。すると、次第に生活が楽しくなってきた。間違った勉強方法で学習しているよりも、はるかに勉強になる。いろんなネタ元にもなる。
 
実際に、今のお仕事に生きている部分もあります。記事を書くときに「あぁこれこの前テレビで見たなぁ~」詳しくはわからなくとも、見たことあるのとないのとでは、仕事の楽しさも、理解のスピードが全然ちがう。 
 

テレビが無意味なのは、目的を持たないからだ。

「テスト勉強をしたくないから、テレビを見る」
「支度をしなくてはいけないのに、テレビを見ていて遅刻した」
 
テレビはボタンを押すだけで簡単にスタートできる余暇だからこそ、誰もがテレビに逃げてしまいやすいものです。深夜の一定の時間を除いて、いつでもやっているからダラダラと見てしまいがち。だから不要な時間の代表例として挙がりやすいんですよね。
これは、テレビを見ることが悪いわけではなく、やるべきことをやらないのが悪いんです。
 
しっかり時間と目的を決めて生きていれば、有益な余暇なんじゃないかなぁと思います。